質問は難しい

先週2018年3月17日の多摩コミュニティ
ビジネスシンポジウム2018の
基調講演での木全みつさんのお話。
「アメリカ公使時代
365日 x 8時間 x 3年間
各国の方々とお会いして
意見交換など行なった」とのこと。
それだけの回数ミーティングを行って
どんなことをお話しになってるのかな?
と思って講演直後に質問に行きました。
すると、「話さないのよ、聞くだけよ、
20分〜30分聞いていると相手から今度はあなたは?となるから」
と回答いただきました。
確かに公演中にすでにこのように語られていました。
「あなたのお国の事情、抱えておられる問題、
政府方針のご意見を思う存分聞く。」
実は質問で聞きたかったのは、
その前段のスモールトークの部分。
どんな雑談から本題へつなぐのか?

シンプルに「具体的にどんな挨拶、雑談から入るのですか?」
と聞けばよかったのかな?
「国連外交は選挙外交で在任中11と
通常の数倍もの選挙をものにした」
外交力の一端を知りたかったのですが、
スモールトークと質問はまだまだ苦手です。