合法民泊2番目のお客様

New Minpaku Law Guest via Airbnb

New Minpaku Law Guest via Airbnb

本日、住宅宿泊事業法(いわゆる民泊新法)施行後の
2番目のお客様をお迎えしました。
この事業を始めるにあたって、強烈な反対も体験しましたが、
反対の方のお気持ちを想像するに
これはマスメディアの発信する「違法民泊」の現状のみをご存知で、
それを判断基準になさっているのかなぁ。と感じています。
完全にご理解いただいた上で実施できているか
どうかはわかりませんが、東京都のお墨付きを頂いた上で事業として
本日2番目のお客様をお迎えできました。
大手民泊サイトが民泊新法施行の後、8割の「違法民泊」物件が削除
されたと報じられた中「合法民泊」取得以来、
多数のお問い合わせを頂いています。
ですが、合法のお墨付き取得以来、90%ほどの宿泊の
ご依頼をお断りしています。
自分たちの家の空き部屋にゲストをお迎えするというスタイルなので、
「信頼に足る」と思える方のみにお泊りいただくように
ゲストを「選別」しているからです。
ホストによって「選別」の基準は様々なようですが、
うちの基準は現在、
1. 一定の個人情報をマッチングサイトに登録していること
2. どこかのホストさんから評価(レビュー)を受けていること
を第一のスクリーニング基準にしています。
また、上記を満たさない場合は1. を登録して頂いて、
宿泊の目的などの問い合わせをメッセージしています。
今回のゲストさんは過去1度このシステムをご利用のようでした。
問い合わせからご到着までのコミュニケーションがやや難しかったのですが、
今日お会いして過去のレビューと今回の滞在のご希望が把握できました。
まさに、私達がご提供したいと思っていたインバウンドの要素に惹かれて
選んで頂いたことを実感しました。
国際交流に興味を持ち、かつ空き部屋を活用したい一市民が
日本に興味を持つ海外のゲストさんをお迎えできる制度を
作って頂いた国、東京都さんにはほんと感謝です。