ガラケーが生産性向上を妨げる?

2018/09/05おとといのWBSワールドビジネスサテライト。
auのガラケー、インフォバーが再発されるとのこと。

「シンプルな機能でこれで十分」、という町の声が
あったけど、ガラケーに添付ファイルメールすると
容量オーバーな場合
必要な資料が届かないのです。

ガラケーで十分な方でも、
スマホやPCで仕事してる方々は
不達の資料を届けるために
印刷して直接出向くか、郵送か、Faxか
せざるを得ず、不要な時間もコストも
かかるのです。

電話は不要なので狼煙や飛脚
を使え、
自動車は不要、馬車で十分、と
言ってるということに気づいて
いただけないでしょうか?

スマホやPCを持たないという人は
他人の生産性を奪っている、
生産性を低めている自覚を
持っていただけないでしょうか?

直近のイベント資料をauガラケーに
送って “Undelivered Mail Returned to Sender”
を受信して愚痴って見ました。