会議は短く!

会議は短く

自治会防災チームのミーティング

会議は短く!
今年の目標の一つに「生産性の向上」が
ありますが今日一つ達成できました。

2018年4月より自治会・防災会の下部組織として
非輪番防災組織が結成され
隊長の務めを仰せつかっています。

強力な自治・防災会長のリーダーシップのもとの
名ばかり隊長的ですが、
会長の「市の財政は危機的状況なので、
行政、税金に頼らない自助・共助で
維持できる本来の自治を目指す」姿勢に触発され、
将来のこの町のためになれるよう、微力ながら
お力になれるよう努めています。

今日はそんな防災チーム
(防衛隊「かわせみ」といいます)の
来年度に向けたミーティングを行いました。

2018年は自治会や地域の小学校と近隣
自治会連合での防災イベントでも
役員の方々ら「会議は短く!」とか、
「いつもあんなふうに(長時間で)やってんの?たいへんね」
などお叱りを受けたり、ご同情?いただくことがありました。

昨日、副隊長と相談して
「事前に資料を配布するので
明日は1時間で終わらせたい」旨をお伝えして
おきました。

今日は新旧自治会長さんなどもご参加いただき、
脱線しそうになるとお話の腰を折ることも
ありましたが、無事にほぼ1時間で
会議を終えることができました。

意外と会議後の雑談で実践的なことに
つながる意見がでていたので、
さらに生産性をたかめるために、
本編を30-40分で終え、20分はお茶などする
親睦の時間と設定して本音?の
情報交換の時間にすると、
さらに生産性が高まる気がしました。

自治会2.0またはコミュニティー2.0
として、昨今いわれる SDG’sの一環としても
有用な気づきを得ました。

命に関わりかねない情報を随時自治会では
回覧で発信しているのですが、この会議で多くの
住民の方々に届いていないことに気づきました。
そのあたりの認知率をKPIに来年度は
自治会2.0実証実験ができたらおもしろくて
ためになるのではないかと感じました。
実際自分も回覧は父母が回すもので、
見たことなかったですからね。

ちなみに本日の会議録です。

かわせみミーティング 議事録

本日かわせみ副隊長の呼びかけで
新旧自治会長にもお越しいただき
ミーティングを実施しました。

1.5~6月に火元を想定した消火栓を利用した
スタンドパイプセット訓練を実施する

2.実践を通してかわせみ副隊長試案のマニュアルを
完成させ全戸配布する。
マニュアルの柱は下記2項目
・ 災害時の対応実施手順について
・ スタンドパイプセットの使用手順について

3.活動方針の一つとして災害時に
何名かにリーダーになっていただけるようにする。
また消火機材(スタンドパイプなど)や
それまでの初期消火対応、
交通整理など必要な役割を設定する。

4.初期消火について消防などに講師をお願いして
勉強会などを実施してはどうか?

5.防災・防犯活動については地域の
みなさんに関心を持っていただくことが一番の課題
(マーケティング的視点が必要)

Next Steps
□5~6月に火元を想定した
消火栓を利用した訓練を実施するための計画づくり

2019/02/14
参加者 新旧自治会長、
カワセミ隊長、副隊長2名、

場所:浅川リバーハウス
(空き家活用の地域ビジネスと
コミュニティー活動拠点)

時間 14:08-15:14
のち意見交換 30分強