5000個のレタスを救え! ファーマーズマーケット@unu

レタス!

レタス!

先々週、先週、今週、来週と4週にわたって
ファーマーズマーケット@UNU(国連大学)に
レタスを受取りに行っています。

発端はFacebookの書き込みを見たこと。
茨城のレタス生産者さんが
腰を痛められ、そのままだと廃棄される
ということで有志の方が
「5000個のレタスを救うプロジェクト」を立ち上げ
ファーマーズマーケット@UNU(国連大学)で
で販売する、というものでした。
即オンラインで毎週10個づつ4週に渡って購入申し込み。

IMG_2226
レタスを購入した理由は農家さんの
力になれればというのはもちろん、
レタスが主食というくらい、よく野菜を
食べることと、ファーマーズマーケット@UNU(国連大学)
を見て見たい、ということもありました。
というのは私たちもイベントで
日野産野菜などを販売することが
度々あり、出店の参考になるようなイメージを
ググると必ず
ファーマーズマーケット@UNU(国連大学)
が出てくるので以前から気になっていました。

渋谷から宮益坂を上り、国連大学に着くと会場は
コットン素材や木のぬくもりを感じる会場のしつらえで
まさにファーマーズマーケットという雰囲気満点。
IMG_2229
全ての店舗の完成度が高いと感じました。
ディスプレイ、ポップや商品説明、店舗の看板、
試食の飾り方からお店に立つ方の服装に
至るまでクオリティーがある感じ。
会場全体がコンセプトから見た目、
プログラムそのものまで
高度にデザインされていると感じます。

各ブースでは野菜、果物はもちろん
生コショウの試食なんて
珍しいものも。生産者、販売者さんならではの
お話が聞けて満足度高い。

先週はお茶がテーマだったのかお茶を扱うブースも
大量にあり、ホールでは外国人も交えた
お茶のトークセッションも。
運営者さんが真剣に生産者さんたちのことを考えていて、
生産者さんたちもお客さんに商品を真摯に伝えると同時に、
お客さんから学ぶような素敵な場になっていると感じました。
IMG_2240
私たちが運営する浅川リバーハウスでは、
今週からは毎週火曜日にベジマ(お野菜販売)
を始めたので、少しでも近づけるよう見習いたい
と思います。
第2回浅川リバーハウス ベジマ(お野菜販売)
https://www.facebook.com/events/213799712702297/

今週は明日3/25のはたけプロジェクトでも日野市の
7つ塚ファーマーズセンターさんのお野菜など
を販売します。お時間あれば覗きに見てくださいね。
リバハ菜園プロジェクト:第一章 土づくり
https://www.facebook.com/events/358295021350702/

みなさん良い週末を!