豊田北口まちあるき

日野台自治会長さんのガイドで

豊田北口まちあるき

街には歴史や成り立ちがあり、
痕跡があることを
歩いて実感する1日でした。
諸先輩方が工業の街として築きあげ、
発展してきた歴史が街の隅々に
息づいていたこと、
その役割をひっそりと終え、もしかしたら
終焉していこうとしているかもしれない様。
それはそれで良しとして次に繋がるのか?
もしかしたら繋がらないのかも?という
姿が晴れやかに痛々しく街には
残っていました。

豊田料飲組合の北限の会員さん。時々焼き鳥焼いてます。

日野台にある豊田料飲組合の北限の会員さん。時々焼き鳥焼いてます。

瀬戸際でなんとかする必要があるのか?
現況を把握し、20-25年後以降を
予測しつつ、今、どんな手を子供達のために
うつことができるのか?
ピンポイントで今の自分の周りしか
見えないことの危うさを感じました。
自治会、行政という豊田北口エリア内部と
外部の方々からみた街の姿を
一緒に歩いてインプットをいただいたので、
良さや課題という次に繋がる
新たな視点を持つことができました。
2016,2017年と2年間多摩平の日野市の
チャレンジショップで
お世話になった身として多摩平のことを
考え続けたいと思う一日でした。
明日は今日のまちあるきのきっかに至る経緯を
書く予定です。